この度の平成30年台風21号および平成30年北海道胆振東部地震により
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
また、お荷物の配送状況などについましては
佐川急便のHPをご参照のうえ、ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

9月マンスリーコーヒー〈ブルンジ〉ムンカゼ CWS


販売価格
1,490円(税込)
購入数
個/100g入り


 豆のまま中細挽きハンドドリップ用中挽きコーヒーメーカー用粗挽きネル・金属フィルター用
北山店自家焙煎 中煎り 100g

柑橘系の華やかさが広がりコクのある甘みが残る、その味わいは、完全に熟した赤実だけを選りすぐり、8〜12時間に及ぶ発酵工程の後、アフリカンベッドによって丁寧に乾燥され出来あがります。

賞味期限:発送より半年(未開封の場合)。開封後は[粉:約1週間][豆:約2週間]が美味しく召し上がって頂ける目安となります。

農園のご紹介

カップ・オブ・エクセレンス2017 ブルンジ
ブルンジ ムンカゼ CWS
Cup of Excellence 2017 Burundi
Burundi Munkaze CWS

● 原産国:アフリカ・ブルンジ
● 地域:カヤンザ
● 品種:ブルボン
● 標高:1,800〜2,000m
● 精製方法:Fully Washed
● 順位・スコア:18位(87.10点)
● 審査コメント:【Aroma/Flavor】brown sugar, black tea, hazelnut, cherry, blossom, tea rose, red apple, apricot 【Acidity】citric, malic, low 【Other】silky body, cream, lemon pie, black tea finish, plum and blackberry, cranberry

ブルンジ共和国はアフリカ中部に位置し、北にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、東にタンザニアと国境を接しています。2012年8月、ブルンジ共和国において「第一回ブルンジCOE」が開催されました(アフリカではルワンダに続き、2カ国目となるカップ・オブ・エクセレンスです)。ルワンダ同様に農園ごとではなくウォッシングステーションごとでの応募となり、国内審査、国際審査を経て、今年は23ロットがカップ・オブ・エクセレンスの称号を手にしました。
ムンカゼ・ウォッシングステーションは、ブルンジ共和国の北部(ルワンダとの国境の近く)のカヤンザ県に位置しています。この地域はナイル川の水源として知られており、近隣のウエットミルではこの水が水洗処理に使われています。
このムンカゼ・ウォッシングステーションでは、標高の高い丘の周辺にある、いくつもの小さな農家からチェリーを収集し、その中から完全に熟した赤実だけを選りすぐり、即日ウエットミルに運ばれます。パルピングされた後は、外気温を考慮し8〜12時間に及ぶ発酵工程の後、アフリカンベッドによって丁寧に乾燥されます。2015年にもCOE12位という輝かしい実績も残しています。

アフリカ ブルンジ ムンカゼ CWS

カップ・オブ・エクセレンス【Cup of Excellence】とは?
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『至高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが 『カップ・オブ・エクセレンス (Cup of Excellence)』の称号を授与されます(2016年より受賞得点は86点以上となり、より厳選されたロットのみに称号を与えられることになりました)。
高品質のスペシャルティ・コーヒーだけが持つその味わいは、雑味がなく、透き通るように際立つ特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと、活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。


最近チェックした商品