1月マンスリーコーヒー〈メキシコ〉エル・ボルド2017


定価:1,296円(税込)
販売価格
1,036円(税込)
購入数
個/100g入り


 豆のまま中細挽きハンドドリップ用中挽きコーヒーメーカー用粗挽きネル・金属フィルター用
北山店自家焙煎 中煎り 100g

カップ・オブ・エクセレンス・メキシコ 2017の栄誉に輝く、エル・ボルト農園のコーヒーは、フルーティで甘い香り、優しい飲み口の酸味、すべてを持ち合わせた味わいです。

賞味期限:発送より半年(未開封の場合)。開封後は[粉:約1週間][豆:約2週間]が美味しく召し上がって頂ける目安となります。

農園のご紹介

カップ・オブ・エクセレンス・メキシコ 2017
エル・ボルト農園
Cup of Excellence Mexico 2017
El Bordo

● 原産国:メキシコ
● 農園主:フランシスコ・ジェラルド・ドゥラン・ドゥラン
● 地域・市:ベラクルーズ州、コサウトラン・デ・カルバハル
● 標高:1,300m
● 品種:アラビカ
● 順位・スコア:15位  87.50点
● 生産方法:ウォッシュド
● コメント:【Aroma/Flavor】brown sugar, black currant, caramel, plum, coconut, grapefruit, hibiscus, dark berry, chocolate, caramel【Acidity】crisp, clean, tartaric, tropical, complex【Other】crisp and clean, nectarine, toffee aftertaste, tangerine, well balanced, velvety mouthfeel, consistent, balanced

2017年に2年ぶり5回目を数えるカップ・オブ・エクセレンス・メキシコは、4月24日〜5月5日にかけて、国内審査会と国際審査会が開かれました。総エントリー数は、233ロット。プレセレクションを経て68ロットがナショナルラウンドに出品され、35ロットがインターナショナルステージへと駒を進めました。そして、5月2日から始まった国際審査会において見事に22ロットがCOEの栄誉に輝くと共に、上位6ロットが90点以上のプレジデンシャルアワードとなりました。
メキシコは国土が広い分、情報が行き渡り難く、各地域の味わいも把握し難いため、素晴らしいコーヒーを生み出す生産者が未だに知られていない事や、生産技術の向上など課題を抱えている点もあります。しかしながら、2年前、3年前に比べ、総合的にクリーンカップが向上しており、今まで感じる事の無かったフレーバープロファイルがいくつも感じられるCOEの内容となりました。メキシコでの質の高いコーヒーに是非ご注目ください。

カップ・オブ・エクセレンス・メキシコ 2017エル・ボルト農園

カップ・オブ・エクセレンス【Cup of Excellence】とは?
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『至高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが 『カップ・オブ・エクセレンス (Cup of Excellence)』の称号を授与されます(2016年より受賞得点は86点以上となり、より厳選されたロットのみに称号を与えられることになりました)。
高品質のスペシャルティ・コーヒーだけが持つその味わいは、雑味がなく、透き通るように際立つ特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと、活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。


最近チェックした商品