4月マンスリーコーヒー〈エルサルバドル〉ラ・カンブレ農園


販売価格
1,450円(税込)
購入数
個/100g入り


 豆のまま中細挽きハンドドリップ用中挽きコーヒーメーカー用粗挽きネル・金属フィルター用
北山店自家焙煎 中煎り 100g

カップ・オブ・エクセレンス エルサルバドル 2018入賞のラ・カンブレ農園のコーヒーは、火山灰土壌による肥沃な大地で育てられ、その味わいは、甘く深いコクの風味と甘酸っぱい酸味、続く余韻のジューシーさが特長的です。

賞味期限:発送より半年(未開封の場合)。開封後は[粉:約1週間][豆:約2週間]が美味しく召し上がって頂ける目安となります。

農園のご紹介

エルサルバドル
ラ・カンブレ農園
カップ・オブ・エクセレンス エルサルバドル 2018入賞
EL SALVADOR
La Cumbre
Cup of Exellence EL SALVADOR 2018

● 原産国:エルサルバドル
● 農園名:La Cumbre
● エリア:Tecapa Chinameca Usulutam
● 標高:1500-1590m
● 品種:Bourobon, Pacas
● 順位:24位
● スコア:86.97点
● 審査員コメント:vanilla, caramel, peach, spice, honey, plum juicy

エルサルバドルは、北西側をグァテマラ、東側をホンジュラスに挟まれた小さな国ですが、火山灰土壌、年間降雨量、日照時間、冷涼な気候といったコーヒーの育成環境としては理想的な土地であると考えられます。
ラ・カンブレ農園はエルサルバドルのベルリンウルスラタンの町にあります。5へクタールの大きさで、標高は約1,500m〜1,590mにもなり、テカパ火山の高い場所に位置しております。農園は1889年に始まり、現在の農園主であるギルベルト氏は4代目にあたります。以前にもカップ・オブ・エクセレンス受賞経験があり、WBC2015大会でノルウェーのバリスタであるTim・Wendelboe氏により、スペシャルティコーヒーとしてのポテンシャルを見出されました。5人の従業員と共に、品質向上のための努力を続けた結果、2018年のカップ・オブ・エクセレンス入賞となりました。

エルサルバドル ラ・カンブレ農園

【カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)とは?】
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『至高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが 『カップ・オブ・エクセレンス (Cup of Excellence)』の称号を授与されます(2016年より受賞得点は86点以上となり、より厳選されたロットのみに称号を与えられることになりました)。
高品質のスペシャルティ・コーヒーだけが持つその味わいは、雑味がなく、透き通るように際立つ特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと、活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。


最近チェックした商品