4月マンスリーコーヒー 〈ニカラグア〉エル・パルマル農園


販売価格
1,695円(税込)
購入数
個/100g入り


 豆のまま中細挽きハンドドリップ用中挽きコーヒーメーカー用粗挽きネル・金属フィルター用
北山店自家焙煎 中煎り 100g

ニカラグアのカップ・オブ・エクセレンス2020入賞のエル・パルマル農園で栽培されたコーヒーは、果実感のある甘味と、滑らかな口当たりが特長です。

賞味期限:発送より半年(未開封の場合)。開封後は[粉:約1週間][豆:約2週間]が美味しく召し上がって頂ける目安となります。

農園のご紹介

ニカラグア カップ・オブ・エクセレンス2020入賞
ニカラグア
エル・パルマル農園
Nicaragua Cup of Excellence 2020
NICARAGUA
El Palmar

●生豆生産国名:ニカラグア
●農園名:エル・パルマル農園
●農園主:レイナルド・レオネル・オルテツ
●地域:Nueva segovia、San Fernando,Salamaji
●標高:1,400m
●品種:カチモール
●生産処理:ウォッシュド
●順位:11位
●スコア:87.9
●審査員コメント:【Aroma/Flavor】Red Apples, Nectarine, Brown Sugar, Molasses, Grape, Candy, Papaya, Cherries, Vanilla, Peach, Apricot, Orange, Brown Sugar, Malt, Floral, Prune, Black Berry, Apricot, Melon, Cherry, Apple[Acidity]Delicate, Citric, Soft, Lemon, Citric, Sweet Citric, Malic, Bright And Sweet 【Other】Clean, Sweet, Nutty, Transparent, Balanced, Well Balanced, Creamy, Silky Mouthfeel, Sugarcane

ニカラグアは中米で最も大きな国土で、ホンジュラスやコスタリカと国境を接し、太平洋とカリブ海の両方に面しています。
エル・パルマル農園はニカラグア北西部のホンジュラスとの国境をまたいでそびえ立つニカラグア最高峰モゴトン山の南側、コルディレラディピルトーハラパの自然保護区にあり、農園名の「パルマル」はヤシを意味します。ヤシや松、グアバの木が生える森の中でカチモールとカトゥアイ2種類のコーヒーを栽培しています。農園面積55ヘクタールで、そのうち28ヘクタールでコーヒーが生産されており、年間約500qq(キンタル)のパーチメントを生産しています。海抜1,200〜1,600 メートル、平均気温15度のコーヒ栽培に適した環境です。
【農園主レイナルド・レオネル・オルテツ氏より】
私の家族はコーヒー栽培を50年にわたり継承しています。長年コーヒー栽培に従事してきたことで、いろんな経験ができました。私たちはスペシャルティコーヒー生産という道を選び、一杯のコーヒーでみなさんを喜ばせるために、日々インスピレーションを高めハードワークに取り組んでいます。

ニカラグア カップ・オブ・エクセレンス2020 エル・パルマル農園

【カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)とは?】
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『至高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが 『カップ・オブ・エクセレンス (Cup of Excellence)』の称号を授与されます(2016年より受賞得点は86点以上となり、より厳選されたロットのみに称号を与えられることになりました)。
高品質のスペシャルティ・コーヒーだけが持つその味わいは、雑味がなく、透き通るように際立つ特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと、活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。


最近チェックした商品