6月マンスリーコーヒー 〈ブラジル〉ぺドラ・プレタ農園


販売価格
1,620円(税込)
購入数
個/100g入り


 豆のまま中細挽きハンドドリップ用中挽きコーヒーメーカー用粗挽きネル・金属フィルター用
北山店自家焙煎 中煎り 100g

ぺドラ・プレタ農園のコーヒーは、心地よいアロマ、活き活きとした甘さが引き立つフレーバーと、なめらかな口当たりが特長です。

賞味期限:発送より半年(未開封の場合)。開封後は[粉:約1週間][豆:約2週間]が美味しく召し上がって頂ける目安となります。

農園のご紹介

カップ・オブ・エクセレンス ブラジル2021入賞
ブラジル
ぺドラ・プレタ農園
Cup of Excellence, Brazil 2021
BRAZIL
Fazenda Pedra Preta

●生豆生産国名:ブラジル
●農園名:ぺドラ・プレタ農園
●生産者:クラウディア・マリア
●エリア:ミナス・ジェライス州、マンチケイラ・デ・ミナス、ジェスニア
●標高:1,280m
●品種:カツカイ 2 SL
●プロセス:ナチュラル
●スコア:87.67

ぺドラ・プレタ農園はブラジルは、ミナスジェライス州のマンティケイラ・デ・ミナスに位置し、その歴史は19世紀末にまで遡ります。また、この地域は質の高いミネラルウォーターの貯水池として国際的に認知されるほど、自然と水資源に恵まれています。20世紀初頭に初めて植えられたコーヒー品種はイエローブルボンだったそうで、当時から標高1,150メートルから1,350メートルの温暖な気候の中で高品質なコーヒーが生産されてきました。また、継続的に温泉や自然林の保全も行われてきました。
2016年になるとAntonio Fortes Bustamante氏に農園が引き継がれ、よりよい品質、生産性、持続可能性を追求しながら農園づくりに励んでいます。
かつては精製処理を行う設備を所有しておらず、他の組合の精製処理場で精製加工を行っていましたが、現在、最新精製処理施設を建設中です。今回のCOEロットのコーヒーの精製処理には、その完成が間に合いませんでしたが、Antonio Fortes Bustamante氏の所有している別の精製処理場のパティオや、生豆倉庫、メカニックドライヤーなどを使用し生産されました。

〈ブラジル〉ぺドラ・プレタ農園

【カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)とは?】
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『至高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが 『カップ・オブ・エクセレンス (Cup of Excellence)』の称号を授与されます(2016年より受賞得点は86点以上となり、より厳選されたロットのみに称号を与えられることになりました)。
高品質のスペシャルティ・コーヒーだけが持つその味わいは、雑味がなく、透き通るように際立つ特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと、活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。


最近チェックした商品