【北山店自家焙煎】 〈インドネシア〉マンデリン アチェ G1 イナン・ナ・バサ


販売価格
583円(税込)
購入数
×100g


 豆のまま中細挽き ハンドドリップ用中挽き コーヒーメーカー用粗挽き ネル・金属フィルター用
北山店自家焙煎 深煎り100g(焙煎後約80gになります)
北山店自家焙煎 中煎り (おすすめ)100g(焙煎後約80gになります)
北山店自家焙煎 浅煎り100g(焙煎後約80gになります)
味の特徴
焙煎具合の選び方と注意点

バランスのとれたソフトな味わいの中にも、
力強いボディが感じられ後味がここちよく持続します。

賞味期限:発送より半年
開封後は粉[約1週間]、豆[約2週間]
美味しく召し上がって頂ける目安となります。

指定農園の紹介

インドネシア
サリマクムール精選工場

● 原産国:インドネシア
● 地 域:スマトラ北部 ナングル・アチェ・ダルサラム州
● 品 種:カチモール&ティピカ系の交配種が中心
● グレード:G1 defect count max11/300g ( Indonesia Method )
● 精 製:スマトラ式セミウォッシュ
● 特 長:スマトラ式
● 標 高:1.300m

大地の恵み、一粒のコーヒー豆をバタック語の表現で、
「偉大なる高貴な母」=「Inang na Basa」をイメージ 。
アチェ G1 イナン・ナ・バサはキョーワズ珈琲のオリジンです。
インドネシア最大規模のシッパー=サリマクムール社と2007年からパートナーシップを結び、イナン・ナ・バサ(=偉大なる母)のブランドで、品質を最優先し、グレードの高いマンデリンを皆様にお届けしています。
インドネシアでは中規模大規模農園での生産は国営農園や一部の民間業者の例を除いては小規模生産が基本です。よって小規模生産者から良質原料をいかに安定的に集荷できるかということが肝要になります。その手法として、輸出業者を絞る、そのルートを利用しながら地域を限定する(あるいは継続商品なので、あまりにピンポイントにまで特定しすぎない)、その業者とパートナーシップを維持する。ということが肝要になります。
産地直結というだけなら、それはただの形式を指す言葉に過ぎません。大切なことは“つながり続けること”であります。
Kyowa’s Coffeeスマトラミッション以来、サリマクムール社とのつながりが続いており、2014年度の来日時にもサリ社ご夫妻がキョーワズ珈琲 北山店に訪問されました。

Coffee Taste

バランスのとれたソフトな味わいの中にも、力強いボディが感じられ後味がここちよく持続します。
ぜひ、ご賞味ください。

最近チェックした商品