【生豆】〈タンザニア〉キリマンジャロ ルカニアラビカ


販売価格
669円(税込)
購入数
×100g


力強いボディとスッキリした爽やかな酸味が調和し、独特のフレーバーが美味しさを引きたて、ほどよいコク、後味の良さがお楽しみいただけます。産地ルカニ村の中学校建設を支援するフレンドシップコーヒーです。

※味の特長について…キョーワズ珈琲独自の焙煎方法による味わいの特長を示したものです。焼き方の強弱や環境などにより違いが出てきます。

指定農園・指定精製工場・指定エリアのご紹介

〈タンザニア〉キリマンジャロ州 ルカニ村

● 原産国:タンザニア
● 地 域:タンザニア連合共和国 キリマンジャロ州 ルカニ村
● 標 高:1,500〜1,700m
● 品 種:アラビカ種
● 特 長:フルウォッシュド、サンドライ

キョーワズ珈琲が友好支援するキリマンジャロ ルカニアラビカ。フレンドシップコーヒーを飲んでいただくことで、ルカニ村の中学校建設を支援いたします。
2001年、京都大学農学研究科・辻村英之教授を中心に、コーヒー栽培を主産業とするルカニ村の産業復興ために「ルカニ村・フェアトレード・プロジェクト」をスタートさせたことが始まりです。 キョーワズ珈琲では、このプロジェクトに賛同し、2008年にルカニ村産出のコーヒーを取り扱うことを決め、ルカニ村に中学校の建設を支援すべく、村人たちが丹精込めて育てた豆のおいしさに自信を持って皆さまにお届けすることにしました。 2010年9月には、ルカニ村より生産者が訪れ、日本の消費者との交流会も開かれました。
ルカニ村は、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山の西斜面に位置するチャガ民族の一農村です。 ルカニ村のコーヒーの木は、シェードツリー(バナナ、果実、森林の高木・中木)によって守られ、家畜の糞が堆肥として利用されています。また、バナナの葉や牧草が家畜の飼料とされていて、環境保全につながる農林畜複合システム「アグロフォレストリー」という農法で育てられています。収穫は各農家単位で、赤く完熟した実を一粒一粒丁寧に手摘みし、フルウオッシュドと呼ばれる精選工程(ルカニ村では、ほとんどが手作業)で加工し、農家の庭先で天日乾燥されます。 コーヒー栽培に適した高地特有の昼夜の寒暖差がある肥沃な土壌によって、ルカニ村のキリマンジャロコーヒーは生み出されます。このフレンドシップコーヒーを飲んでいただくことで、ルカニ中学校の建設を支援することができます。



|この商品を買った人はこんな商品も買ってます

【生豆】〈ネパール〉ヒマラヤンアラビカ

【生豆】〈インドネシア〉ジャバ ロブスタWIB

【生豆】〈インドネシア〉マンデリン アチェ G1 イナン・ナ・バサ

最近チェックした商品